脱毛ラボ情報

脱毛ラボではこんな方は施術できません!注意しましょう。

本来全身に生えている毛は、何らかの意味を持って生えているもの。そんな毛を外見的容姿のこだわりのために強制的に抜いてしまうのが脱毛。 ですから、その脱毛を適当に行ってしまえば何らか体に異変こきたすことも考えられますよね。 そんなこともあり、脱毛サロンで行う施術にはいろいろな注意事項があるようですが・・・注意事項、ご存知ですか?


脱毛サロンで行う施術時の注意事項といえば、誰もがいつでも受けれるものではないということ。サロンでの施術には、いくらそのサロンで契約し、予約を入れてある方でも施術を行うことが出来ない・断られる場合がいくつかあり、そのような方は予約日時の変更をお願いすることになります。


例えば、「生理中の方」。 生理といえば、女性特有の現象。多くの方が月に1回のペースで数日間あの嫌ーーな症状に見舞われますよね。 施術箇所がV.I.Oやひざ上などであれば、生理中の脱毛を断られることは理解できますが、多くのサロンの場合これらの部位以外(全身何処)でも生理中の施術はNGだとしているようです。


その理由は、ホルモンが大きく関係。 ホルモンバランスが乱れやすい生理中は、肌も敏感にやりやすく抵抗力が弱まっています。 そんな時に肌に光を照射すると、普段は起こらない火傷や肌荒れといったトラブルを引き起こしやすく危険。 また、生理中同様、ホルモンバランスが崩れやすいとして「妊娠中の方」も施術がNGです。(普通に考えたら、お腹に赤ちゃんがいる状態で自らサロンでの脱毛しよう!と思う方は少ないとは思いますが)


それ以外にも、「薬を服用している方」、「施術の前後10日間に予防接種を受ける方・受けた方」、「体調がすぐれない方」、これらの方も施術はNG。 施術ができない理由としては、薬の種類によっては副作用により光線過敏症が出やすいからということがあります。 


光線過敏症とは、日光や光を照射されると皮膚が異常な皮膚反応を起こしやすくなり火傷や肌あれ、色素沈着といった様々な肌トラブルのこと。 薬や予防接種後の施術は、普段なら肌トラブルを起こさない方まで問題が発生してしまう可能性があり注意。 また、薬を服用しての施術は光線過敏症だけでなく、様々な健康障害も起こしやすくなる危険があり、服用後の施術は絶対に避けて行うものです。


特に、抗生物質(テトラサイクリン系)、抗菌薬(キノロン系)、利尿薬(チアジド系)、抗癌剤、解熱鎮痛薬(ピロキシカム、ケトプロフェン、アンビロキシカム)、向精神病薬(フェノチアジン系)、塩酸チリンロール(セレカル、ダイム)、血糖降下薬などを含む薬を服用後の方は注意が必要のようですよ。


また、それ以外にも施術当日に日焼けや肌の乾燥がひどい方も、施術によって悪化させてしまう可能性が高くあることから、施術は控えたほうが良いと思われます。


そして、もし何の問題もなく施術できた方も施術後の入浴、サウナ・温泉の利用、飲酒、施術後一週間以内の自己処理、日焼けなどには注意が必要です。 脱毛として照射される光そのものには副作用は特にありませんが、これらのことを施術後に行うことで肌トラブルを起こす危険が高まり注意が必要。


サロンでの施術は、肌をキレイに美しく脱毛していく手段のひとつ。ですが、注意事項を守らず安易な考えで施術してしまうと取り返しの付かないトラブルに見舞われることもなくはありません。また、チェック項目の多くが自己申告をしっかり行わないとサロンスタッフでは気づけないこと。 自分の肌をしっかり守るためにも必ず、施術時の注意事項はよくチェックし正直に申告してくださいね。




>>「脱毛娘」の詳しくはコチラ

脱毛娘。情報

 

脱毛ラボ情報

 

企業買収の抑止